関連書籍

「聞き書き甲子園」の本が出ました。

森の名人ものがたり

ASAHI ECO BOOKS 13
森の名人ものがたり
聞き書き甲子園実行委員会事務局編
定価:2310円(本体2200+税5%)
発売:清水弘文堂書房

第1回から第3回(平成14〜16年度)の「森の“聞き書き甲子園”」に参加した高校生たち300人の作品の中から、18作品を収録しました。
どれも森に生かされ、生きてきた「森の名手・名人」たちの人生とともに、聞き手である高校生たちの感激が詰まっています。じっくりと読んでみてください。

目次

はじめに    塩野米松

■カンジキづくり 『今も現役、黒松内のカンジキおじいちゃん』
   渋谷吉尾 北海道黒松内町/白木投和 北海道岩見沢農業高等学校

■種採り 『奈良県川上村・スギの種採り50年』
   杉本充 奈良県橿原市/代田七瀬 日本女子大学附属高等学校

■枝打ち 『大樹晩成 ぶり縄枝打ち名人・池野保次』
   池野保次 愛知県小原村(現・豊田市)/伊藤登志夫 愛知県立安城農林高等学校

■松茸採り 『「松茸名人」松野武雄……大いなる人生』
   松野武雄 青森県五所川原市/岩清水聡美 青森県立野辺地高等学校

■椎茸栽培 『駒ヶ根の椎茸名人』
   水上平八郎 長野県駒ヶ根市/丸山座 長野県立松本深志高等学校

■炭焼き(黒炭) 『炭焼き50年の名人、齊藤清一先生に聞く』
   齊藤清一 千葉県印旛村/添野祥子 千葉県立船橋高等学校

■竹籠づくり 『北の手仕事・根曲がり竹籠職人をたずねて』
   斉藤弘文 北海道檜山郡江差町/石川絵美里 北海道旭川西高等学校

■かるいづくり 『竹細工とともに生きる』
   飯干五男 宮崎県日之影町/甲斐有 宮崎県立高千穂高等学校

■造林手 『滋賀で名うての造林手 門 三郎氏の人生譚』
   門 三郎 滋賀県蒲生郡日野町/岩井世知 黄柳野高等学校

■手橇・木馬 『数少ない搬出技術拾得者の話』
   藤田哲夫 岐阜県吉城郡河合村(現・飛騨市)/原尚貴 長野県岡谷南高等学校

■指物 『父の足跡をたどって−矢崎稔名人の指物師としての人生にせまる』
   矢崎稔 長野県茅野市/原田紗良 愛知県立田口高等学校

■紙すき 『備中和紙の創始者に訊く紙づくり』
   丹下哲夫 岡山県倉敷市/赤松可奈子 岡山後楽館高等学校

■草木染め・紙すき 『感じる きっかけづくりの電波塔、水野さんの「染め」』
   水野美代子 愛知県豊田市/外山沙絵 愛知県立猿投農林高等学校

■ヘギ板づくり・あじろ編み
   『伝統を守るヘギ板職人−ヘギ板のすばらしさ・職人の巧みな技術に触れて』
     小林鶴三 長野県木曽郡上松町/白石隆博 岐阜県立郡上高等学校

■船大工 『木造船の巨匠・松岡亀松名人』
   松岡亀松 熊本県天草郡松島町/飛石貴子 八代白百合学園高等学校

■森の案内人 『山が好き 名人 高尾義明さん』
   高尾義明 熊本県八代郡泉村(現・八代市)/三川花織 八代白百合学園高等学校

■狩猟・ゼンマイ採り
   『今はなき奥三面の自然との生活のなかで−マタギ 小池善茂さんに聞く』
      小池善茂 新潟県村上市/森山里菜 東京文里学院高等部

■養蜂 『対馬とともに生きる扇名人−蜂洞による日本蜜蜂の養蜂について』
   扇米稔 長崎県下県郡豊玉町(現・対馬市)/金丸香菜 宮崎県立日南高等学校

解説  「森の“聞き書き甲子園”」が高校生にもたらしたもの
   NPO法人樹木・環境ネットワーク協会専務理事 渋澤寿一

おわりに
   聞き書き甲子園実行委員会事務局 吉野奈保子