関連書籍

「聞き書き甲子園」の本が出ました。

森の人、人の森

森の人、人の森
−森の聞き書き甲子園が高校生にもたらしたもの−
人の森プロジェクト 編著
定価:1680円(本体1600+税5%)
発行:ウェッジ

日本全国から選ばれた高校生100人が、「森の名手・名人」に、その「技術」や「知恵」を聞き書きする<森の聞き書き甲子園>。球児が競う甲子園ほど華やかではありませんが、参加した高校生は、生まれてはじめて味わう熱い感動を体験しているようです。
<森の聞き書き甲子園>とは、いったいどのようなプロジェクトなのでしょうか。
その全貌とは?

第1回<森の聞き書き甲子園>に参加した7人の高校生が、ふたたび名人を訪ねて、森に出かけました。……「森の名手・名人」と高校生たちが紡ぐ、いのちの物語。

人と人、人と自然、世代と世代。
「つながり」をとり戻すためのヒントが、ここにあります。

目次

プロローグ

第一章   森の“聞き書き甲子園”の趣旨

第二章   ふたたびの旅

第三章   森の“聞き書き甲子園”参加高校生座談会

第四章   これからの展望〜人の森プロジェクトへ
       塩野米松さん(作家)
       渋澤寿一さん(NPO法人樹木・環境ネットワーク協会専務理事)
       赤池学さん(ユニバーサルデザイン総合研究所所長)

エピローグ