聞き書き甲子園 foxfire in japan

これまでの軌跡

聞き書き甲子園は、2002年に「名人の知恵と技、心を次の世代につなげたい」という想いから始まりました。

2002年4月
林野庁、文部科学省が主催し、第1回「森の“聞き書き甲子園”」を開催
2003年4月
「森の“聞き書き甲子園”」が、企業・行政・NPOの協働事業となる
2003年10月
「聞き書き甲子園」の卒業生が、任意団体「共存の森」を設立
2004年1月
千葉県市原市で卒業生有志による「共存の森」づくりの活動が始まる
2007年12月
任意団体「共存の森」の活動を母体として、NPO法人「共存の森ネットワーク」を設立
2010年4月
「海・川の名人」への聞き書きをスタート
2011年3月
ドキュメンタリー映画『森聞き』のロードショーが始まる
2011年4月
「森」と「海・川」の分野を合わせて、「第10回聞き書き甲子園」開催