聞き書き甲子園について

聞き書き甲子園に参加して 〜昨年度参加高校生感想〜

色んな細かい枝葉を広げて、そういう枝が一杯出来てくると、山で楽しむっていう本幹がしっかりしたものが出来てくるってわけよ。」という言葉は心の奥深くに残っています。僕はこの言葉は人生にも言えることだと感じました。趣味という枝や、仕事という枝、その一つ一つがさらに細かい枝葉を広げて、しっかりとした「生きる」という本幹が成り立つ。この言葉は一生心に刻んでおきたいと思いました。(北海道 Iさん)
若いうちはなんだってやろうと思えばできる」その言葉を聞いた瞬間、心の中ですっきりしたような気がしました。とりあえず迷ったらなんでも挑戦してみようと思うようになりました。(青森県 Mさん)
名人の語り方の抑揚とか言葉の区切り、息つぎ、イントネーションなどを含み話し方が美しいなと思いました。美しい物を作っている人だけであるなと思いました。
漆器のお椀も実際持ってみると指がお椀にぱたりっていう感じにおさまり、お椀は固いものなのになんだか気は柔らかく力強い漆器でした。
手間暇を少なくコストを切り詰めるほうに社会は進んできたけど、まったりといいものを作る物づくりを大切にしていきたいと五感を通して気がつかされました。(埼玉県 Kさん)
夏の研修会では、日本全国の同世代の友人と共に話し合い、活動することで、今までの自分には無かった新しい考えで、物事を見つめられるようになりました。(埼玉県 Hさん)
不安や心配もあったけれど、たくさんの人と交流することができたし、アポ取りや取材、レポート作成などを経験することができ、確実に自分の力になったと思います。聞き書きのおかげで人と接するのが好きになりました。
私たちの生活を支え続けておられる名人方のことを、少しでも多くの人に知ってもらいたいなと思います。(富山県 Sさん)
書き起こしと文章整理はすごく時間がかかって、心が折れそうになりましたが、名人の方がレポートを楽しみにしてくれていたので、何とか最後までやりきる事ができました。作り終えた時の嬉しさと達成感は本当にすごかったし、自分自身成長することが出来たと思います。(岐阜県 Nさん)
年々漁獲量は減少しているそうで、長年、漁で生計を立ててきた名人であっても、今なお苦労があるのだと驚きました。培ってきたものを破壊してしまう時代の流れに現実の厳しさを感じました。また、そうした苦しい状況にあっても、後世に残していこうとする姿に心を打たれました。(岐阜県 Tさん)
「プロというより一生勉強だ」その言葉がとても印象に残っています。私はあきっぽく、何事にもすぐにゴールを作ってしまう癖がありました。名人の100点よりもっとできるのではないかという姿勢を見習うべきだと強く思いました。(大阪府 Hさん)
自分が好きな事を仕事にしたとしても、「楽しい事」より、「辛い事・苦しい事」の方が格段に多いと思います。ですが、仕事だからと捉えるのではなく、仕事に対する熱い想いや、たくさんの人の笑顔が見たいという名人の想いがあるからこそ、より良いものが作れるのではないかと考えさせられました。(兵庫県 Hさん)
印象に残ったのは、「分断して山を育てる人、製材する人、家を作る人、みんなね。それが全部パズルみたいに繋がったらいいよね」という言葉です。
森を守るためには、たくさんの人がかかわっていて成り立っているということを感じることができました。また、林業をする人が減っているということも知りました。名人さんが言っていたように、パズルが繋がるためには私たちの若者が携わっていくことが大切なように感じました。(岡山県 Sさん)
名人にレポートの確認をしてもらった際、「ありがとうございます」と言われ、それがすごくうれしくて、そこで初めて心の底からやってよかったと思うことが出来ました。名人との「繋がり」を私たちが広めていく、それが聞き書きの役割なのだと体験して思うことが出来ました。(岡山県 Tさん)
名人は昔からの伝統を継承しており、名人の話を聞くことは今だけでなく、未来について考えることもできたと思います。伝統ある仕事は昔からの自然についての接し方の知恵を知っています。木は上手に使えば、何度でも生まれ変わるものだということを、皆が知ることが大切なのではないかと思います。(広島県 Yさん)
山奥だとものがなく暮らすのも大変だと思っていたけれど、実際に自然の中で仕事をされている人が、その地域を誇りに思われていることを知りました。 (愛媛県 Kさん)
私はとても人見知りだったのですが、聞き書き甲子園に参加して、人と話すことの楽しさ。初めて知ることがあることの面白さ。を感じ、もっともっとたくさんの方と関わって自分の知識を増やしたいととても積極的な気持ちに変化しました。だからこれからは、たくさんの活動に参加して、外に出て、たくさんの方々とたくさんのお話をしていくことにチャレンジしていきたいと思います。(愛媛県 Kさん)
最近は、携帯電話という便利なものがあるので、たった1秒で人と繋がれるし、逆にたった1秒で人との縁を切ることもできます。だからこそ、同じ目標をもってやってきた仲間との繋がりは大切だし、これから先も関係を保っていけるのではないかと思います。(宮崎県 Kさん)
「30年、この仕事をしてきたけど、ずっと修行。」とおっしゃったのが印象に残っています。名人に選ばれた素晴らしい方なのに、謙虚に、自分に厳しく、いいものを造る事だけに専念していらっしゃいました。(宮崎県 Kさん)

保護者の方や、アドバイザーの方の声 >>