聞き書き甲子園について

「海・川の名人」とは

海・川の名人

 森と共に生きるための知恵や技があるように、四方を海に囲まれた日本には、海や川の自然を守り、その恵みを得ながら暮らしていく知恵や技術が育まれてきました。
 漁師や海女、船大工や釣竿づくりの職人、海や川の食文化や生活文化を継承する人。また、海や川の環境保護など、豊かな海や川を守るために活動を続ける人。このように、海や川と共に生きるため知恵や技術を先人達から受け継ぎながら、その発展に努める人々を毎年、「海・川の名人」として選定しています。
 海や川の変化を敏感にとらえ、様々な工夫を凝らしながら自然と共に生きてきた「海・川の名人」は、これから持続可能な社会を考える視点を私たちに教えてくれる存在です。

これまでの「名手・名人」リスト

聞き書き電子図書館「名手・名人」を職業や、住んでおられる場所などで検索したい方は、こちらの聞き書き電子図書館をご利用ください。

※1 地球環境基金の助成により、自然再生を推進する市民団体連絡会による「自然再生甲子園」(高校生による聞き書きと専門家による現地調査事業)の一部として実施しました。

※2 平成22年度以降、「海・川の名人」は、社団法人全国漁港漁場協会と全国内水面漁業協同組合連合会が選定しています。

「海・川の名人」候補者の推薦を募集しております

毎年8月に、「海・川の名人」の選定を行っております。
お近くに「海・川の名人」にふさわしい方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご推薦下さい。
推薦方法等、詳しい連絡先についてはこちらの資料をご覧下さい。

■「海・川の名人」候補者募集チラシ
■「海・川の名人」選定 実施要領
■「海・川の名人」推薦書様式