開催プログラム

聞き書き事前研修

研修写真

 8月11日〜14日の3泊4日の日程で聞き書き甲子園に参加する全国の高校生が一同に集まる「聞き書き事前研修」を実施します。
 「聞き書き」という手法の基礎を学ぶほか、9月から取材に赴く名人や名人を取り巻く日本の森や川、海の現状についても、講義や森での体験プログラムを通して学んでもらいます。
 あわせて、この1年間を一緒に乗り切る全国の高校生とのネットワークを育んでもらいます。

【初日】
 東京都新宿区の都庁・都民ホールにて開会式を行います。講師の塩野米松さんらに「聞き書き」やインタビューのコツを指導いただくほか、過去に聞き書き甲子園に参加した経験をもつ卒業生と「名人」が「聞き書き」の体験談を紹介します。

【2日目】
 高尾の森わくわくビレッジ(東京都八王子市)で、グループごとの「聞き書き実習」を行います。講師の塩野米松さんによる「聞き書き」講義を受けた後、グループに分かれて実際に「聞き書き」を行いながら一日かけて「聞き書き」レポートを仕上げます。
 このレポートは翌日、塩野米松さんに講評していただきます。

【3日目】
 佐川急便株式会社の社有林「高尾100年の森」にて実際に森を歩きながら、名人や卒業生から森について学びます。また、午後からは取材に向けて写真撮影の講習や森・川・海と名人について学ぶワークショップ、卒業生による交流会などが行われます。

【4日目】
 卒業生による体験談と、「聞き書き」取材に向けたアドバイスが行われた後、閉会式が行われます。

昨年の研修当日の様子はこちらをご覧ください。
→http://kyouzon.blog114.fc2.com/category1-1.html