開催プログラム

聞き書き取材

取材風景

 研修が終わると、名人への聞き書き取材が始まります。

 高校生たちは名人に連絡をし、お互いの都合をあわせて取材日時を決め、名人の家を訪問します。はじめて出会う土地、はじめて出会う人……。高校生は少し緊張しながら、名人を訪ねます。

 録音テープをまわしながらの聞き書き取材。高校生のぎこちない質問に、名人は答えていきます。子どもの頃の思い出や戦争中の苦労話、仕事への情熱、生きがい、森や海・川への感謝の気持ち……。話をしてくださる名人のほとんどは、60代から80代の方々で、高校生にとっては、祖父母ほどの年の差があります。何時間もかけて行われる聞き書き取材は、大先輩である人の人生をまるごと受けとめる作業でもあるのです。

取材風景

 取材が終わると、録音したテープの一字一句、書き起こし、それをレポートにまとめます。何時間もかかって何度もくじけそうになる作業をやり終えたとき、高校生たちは大きな達成感と同時に、たくさんの宝物を得ることになるでしょう。

※ マスコミ関係の方などで高校生や「森の名手・名人」「海・川の名人」への取材を希望される方は、下記、事務局までお問い合わせください。

聞き書き甲子園実行委員会事務局
 〒156-0043
 東京都世田谷区松原1-11-26 コスモリヴェール松原301号室
 NPO法人共存の森ネットワーク
 TEL:03-6432-6580  FAX:03-6432-6590
 E-mail:info@foxfire-japan.com